2020年12月25日

ゆく年くる年

いよいよ、ゆく年くる年の時期になりました。
団体としても個人としても演劇活動ならびに観劇も自粛した一年でした。


世の中的に落ち着いた時期に、感染防止に最大限努めながらかろうじての演劇活動を行って参りました。


ちょっと早いですが、行く年を振り返って


4月   2年ぶりのローグ新作「春めく空と銀の鬼」の公演中止を決断

7月   演劇集団ふらっとさんのYouTubeで見せるリモート朗読に出させて頂きました。

8月   Reading Notte内部試演会にて久々のリアル舞台に出演

11月  大芝学区子ども会演劇、私が演出、副代表のかこさんが音響を努めました。


少しでも携われた事に感謝でした✨

公演をやる、やらない
今はやらない、今だからやりたい

このせめぎ合いで私含め、演劇関係者、特に代表の方は厳しい決断を迫られてきたと思います。

演劇に限らずですが、「自粛」とか「控えて」とかジャッジしにくい…感情的にはアウトだと思いますが。


私どもローグとして、劇団としてどうするのか??

◎自主開催の公演は今の所やらない方向でいます。

◎団体、個人共に公演や舞台出演について、こちらから積極的な勧奨は当面しないです。

◎客演も自粛します。時期や環境にもよりますが、当面は難しいです。

◎あえて「活動休止」とは言いません。リモートとか、新しい形がいいなと思えばやるし、機会が到来すればいつでもやりたいですからね(笑)
その辺は、フワッとさせて下さい


結論、やる、やらないは自由だと思います。
ただ、我々は今はやめとく、を選んだに過ぎません。

理由としては、

まず、活動の特性上出来ないこと。

それならば一般向けにとも頭に過ぎりましたが、リスクが高い、集客も悪い、名より実を取りたい思考でやらない方がいいと判断しました。

また、リモートや映像配信も考えてはいるものの、やはりリアルな演劇にこだわりたい、というのはあります。

なので、暫くは引き続き世の中の情勢を静観して、時期を待ちます。ローグとしては当面の予定はありません。


正解はないし、選択しか出来ないと思います。
正しい、間違ってるとか、ないです。
どちらが褒められるとか、でもないです。

やるのも勇気ある一歩
退くのも勇気ある一歩

大丈夫。何もして来なかったわけじゃない。

どちらの一歩も、自身が持つ矜恃と世の中の情勢を客観的に判断する理性との間で、揺れ動き、葛藤する…それはあると思います。

だからこそ、本来のすべき事や方向性が見えてきます。

どちらを選んだにしろ、共通するのは、
覚悟を決めた
という事。

目に見える形が全てではなく、このプロセスは無駄じゃなかったと信じたいものです。


まだまだ先が見えず、分からない事も多いです。
事態は刻一刻と変わります。
それは良くも悪くも。

今は悪い方に転がるターンですが、急に良い方に転がるかも知れません。

気持ちはとにかく前向きに!


posted by kouzou at 06:44| その他(お知らせ等) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子ども会演劇無事終演!

もう早いものでもう年末。
この一年、まさかこんな世の中になるとは…

先月の事になりますが、子ども会演劇「ハロウィンのおくりもの🎃」は無事に終演しました!

今またコロナの影響で、広島県全体が感染拡大集中対策期間に入っており、11月に何とか幕が上がって、ホントによかったと思います。


二人の主人公、アオイとミドリの友情をテーマに、楽しいハロウィンを交えて描いた本作。

自分だけのハロウィンの世界に閉じこもっていくアオイにミドリが手を差し伸べ、暗い森に光が差す。今は離れて会えない二人は、忘れ難いあの日に想いを馳せる…

今だから届けたい作品を子ども達は熱演してくれました!見えない脅威に晒され、不安に覆われる昨今。こうして演劇が出来た事に希望を感じます。こんな時こそ見えない心の繋がりを大切にしたいものです。


また元の生活を取り戻す、その日を信じて。

※写真は11月21日  本番公演のものです
※保護者の方より写真掲載の許可を頂いております
撮影  Ko  Okamoto
343FF6A0-106C-4315-A3FB-369E2F7E91D9.jpgD5E3D78A-F769-4E9A-859D-F17AD0923F48.jpg

posted by kouzou at 05:34| 演劇プロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月15日

子ども演劇初回稽古

毎年恒例の子ども会演劇の稽古がスタートしました✳

今まで当たり前のように集まって上演しておりましたが…

🌸「ありがとう」🌸

講師からのご挨拶で私は開口一番、皆さんへの感謝を述べさせて頂きました。

変わらず元気いっぱいの子ども達を見て、嬉しく思いました。

当たり前の日常の有り難さ。身に染みます✨


配役も例年になくスピーディーに決まり、早速読み合わせ。📓📕📚

マスク越しの声が聞き取りにくい、表情が見えないなど、やはりありましたが…😅
みんな熱心に取り組んでくれました。

裏方スタッフも資料共有しただけで、早速色々話し合って下さり安定のチームワーク。保護者陣の結束も抜群です✨

最近は演劇をやる意味について、色々と考えます。ただ、人と人とがふれ合う(心理的な意味で)事には大きな意味はあるのだと思います。
リモートでも十分かも知れませんし、映像においても4Dとかより五感を刺激する技術もあります。

演劇が格別異なる点としては、空間の共有と主観性なんだと考えています。やはり生ならではの良さがあると思います。(´-ω-`)フム

そして今年で10年目!
小学校1年生が高校生になる歳月。
10年前には生まれてもない子ども達と関わっているとは…( °_° )

昔の公演の写真とかを見て、まるで我が子のアルバムを見返しているよう☺️

卒業生も手伝ってくれたりして、先生冥利に尽きますね✩.*˚

良い作品を作ろう。
改めてそう感じます。

まだまだ先が見えない状況ですが、無事に公演出来る事を祈ってます。(-∧-)合掌・・・

5BA3D5C2-88C8-4AF1-962C-2D773AAB1A5B.jpg


posted by kouzou at 07:45| 演劇プロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月22日

No Play No Life!

近況報告です✨

今は劇団としての活動は全面的に自粛中ですが、
演劇や朗読の活動は辞めてはないです(笑)
外部からお声がけ頂き、ちょこちょこ役者活動してたり脚本執筆に取り組んでいます。

⚫広島演劇人Youtubeで読む被爆体験詩2020「声でつなぐ祈り」

演劇集団ふらっとさん呼びかけで始まった、広島の劇団や朗読団体などの枠を越えてのオンライン配信型の朗読企画。稽古も全てオンラインで、各々が自宅で詩の朗読した動画を撮影して、それらを編集したものがYouTubeで配信するというもの。中国新聞にも掲載されました!下記リンク先で配信中!夫婦で参加してます✨


いや、動画撮影ってある意味、舞台以上に神経使います💦YouTuberが仕事というのも納得しました(笑)


⚫Reading  Notte内部試演会

コロナの影響で公演延期となった「朗読夜会」で行うはずの山本周五郎作の「季節のない街」より4作品、「僕のワイフ」「親思い」「プールのある家」「とうちゃん」の朗読舞台について、内部試演会が行なわれました。私はピンチヒッター的に出演。

2BEE0F28-1508-4C13-84D5-EDE6D11CB122.jpg

長らく味わえなかった舞台の空気感!
ちなみに稽古も試演会本番もマウスシールド着用、アルコール除菌、ドアを開放しての換気など、感染対策はしっかりとした上で、行いました。
こんな時でも集まる事が出来た事に感謝😊

⚫大芝子ども会2020脚本執筆

今年はどうなるかと思いましたが、こちらも感染拡大予防にしっかり努めながら、毎年恒例行事である西区民子ども会文化祭に向けての子ども演劇指導を行う事が決定!

0450D57B-F81D-4458-9031-4FF4D7F6D04C.jpg

今年もオリジナル脚本を執筆して、完成間近です!題して「ハロウィンのおくりもの」🎃🎃🎃

周りになじめない転校生が、ある日突然にハロウィンのお化け達が住まう屋敷に迷い込む不思議体験をする。愉快なお化け達と友達になり、彼らと遊んでいる時が、何より楽しくなって行く。クラスでいつも1人でいるその寂しいのを紛らわす様に…。

友達とのつながりや、踏み出す勇気をテーマに、カワイイお化け達が登場する、ファンタジックな作品。昨今の世情も踏まえた、「今だからこそ上演したい」作品になりました✨

コロナも怖いですが、まだまだ残暑ある9月〜稽古スタートなので熱中症対策も必須です💦💦
例年以上に、過酷な環境下での稽古・公演になりますが、最大限気をつけて頑張ります!


…とまあ、オンラインであったり、リアルであったり、広島の劇団やら朗読団体やらは前向きに、手を変え品を変えながらも、精力的に活動しております。私達も刺激を受けますし、少しずつ日常を取り戻して行っている感じはあります。


また、プライベートでは、自粛期間の思わぬ副産物として、自宅でのトレーニングにより体重の大幅減にも成功(笑)✨✨


まだまだ演劇活動を大っぴらに出来ない昨今です。私達みたいなアマチュアは、生活苦に追われる事はなく、「別に今やらなくてもいい」と仰られると返す言葉があまり見当たりません…。


💭ここから先は独り言(誰かに何か言われたとかではなく、思う所を留めたいだけです)💭

※写真は癒しを提供しただけで本編とは関連ありません(笑)※
954D82DC-FC1B-45E6-B44F-598A47183935.jpg

こんな時でも、何とか日常を取り戻していこうと、責任を背負って、最大限に配慮しながら前向きに取り組む様を批判するのも「違う」と思うのです。

気軽に舞台に足を運べる「日常」。これって大事だと思います。大袈裟かも知れませんが、大なり小なり心の拠り所なのは確かです。

大概の文化芸術を必要性だとか、生産性だとかの視点だけで見ると無用の長物とされるのでしょう…ただ、本も絵画も、舞台も映画も、漫画もテレビもラジオも何にもない事を想像出来るでしょうか?私は出来ません。それとも、たまたま演劇は集団で直接触れ合う特性があるから、邪険にされるのでしょうか??

演劇にならではの良さ。お客さんと演者が共有する非日常。私は好きですね☺️
やりにくさはあります。やっちゃいけない事もあります。ただやり方を変えながらも、その独特な良さを、それを体験出来る空間を取り戻す努力は必要以上に非難するものではないと思います✳

とはいえ、推奨するものではないと思っていますし、無責任だったり無自覚な行動は論外です。

人それぞれに拘りや愛着は違います。
凄い愛着あるものを、取り上げられた上に、あんなもん要らないとか、あんなのに夢中になってるのは変だとか、言われたりするのを自分の大事なものに置き換えたらどうでしょうか??

演劇やってる人らはそれに凄い愛着あります。
だからこそ演劇が出来る「日常」を取り戻す為に試行錯誤して、一生懸命悩んでいます。☘☘

ましてや演劇が格別高尚で、崇高なものだなんて、私は思っていません。ただただ好きなんです꙳★*゚

このコロナ禍を過ぎた後を見据えて、日常生活と共に他者や周りに対する「優しさ」を取り戻していきたいものです。💓💞

私は真剣に取り組むからこそ、色んな葛藤摩擦が生じるのだと思います。悩んだり、抗ったり…物事を一途に見つめる事が出来るからこそです。


投げ出したり、辞めちゃうのは簡単です。(言っておきますが、時には逃げるのは恥だが役に立つ事はあります。例外はあるし、それが必要となる事も前提に置いてます)諦めずに続ける事は、難しい。でもやる。シンプルにそこに愛着があるから。高尚な屁理屈こそ、無用の長物だと思います。


…いやはや、難しい世の中ですね…あらゆる意味で。
何となく分かってもらえると思った言葉や行動があらぬ方向に飛び火する……
活動報告一つとっても、注釈や説明しなきゃですし、弁明じみた感じになる😅こわいなあ💦
日本人の民族性、なんですかね??

ただきっと、こんなちょっと歯車が狂った時代を戯曲にする逞しさもまた、演劇やってる人にはあるのでしょうね📓📖📒📕📚何となくそう思います。️️️⛅️

とにかく少しずつ前へ‼️
私達ローグも頑張ります😉👍✨

posted by kouzou at 08:41| 演劇プロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月25日

STAYHOME演劇はじめました

新型コロナの影響で、現在活動自粛中ですが、家でやれる事はないだろうか?と思い立ち、

STAY  HOME演劇、はじめました✨


家でお芝居やって、動画で撮って映像作品として仕上げていく試みです。

演劇なのか、映画なのか、というのは置いておいて💦

規制緩和はされてはいますが、施設に訪問するなどは、まだまだ様子見かなぁと思っています。

新しい生活様式、新しい活動のやり方

長い目で見て、既存のやり方に拘らずに、出来る事ややりたい事を楽しみたいです。


全力でオジサン役をする副代表。
ホントに役者魂を感じます✨


舞台でも映像でも、相変わらず私たちらしいコメディ作品。頑張って作りあげます!

CC6EF3AD-0879-4EC4-AA13-0466F1F0B98A.jpg




posted by kouzou at 22:15| 演劇プロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月07日

予告編&メッセージ動画完成!

4月に上演予定だった作品の予告編動画とメッセージ動画が完成!デイケア施設での公演でしたので、DVD化して施設に送付予定です✨


全て妻であり、劇団副代表のかこさんの手腕によるもの。プロには及びませんが、個人的にはかなりの力作だと思っています。因みに撮影等全て自宅で、1部音声のみ、皆さんからLINEで送って頂いております。(こんなご時世だから、念の為言っておきます💦💦)


思い切って予告編のみ、YouTubeにアップして見ました〜☆*° 早く普通にお芝居出来る事を願ってやみません…✳


 https://youtu.be/rSFOKOq5CL4


4AAF99FD-875F-4520-B73A-1530611DF668.jpg7A5E6379-C772-46CD-8675-FFC2B68C7102.png

posted by kouzou at 18:15| 演劇プロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月30日

【公演延期】春めく空と銀の鬼

こんな時こそ、明るく楽しい演劇を!
と息巻いた矢先でしたが、やはり色々な情勢を踏まえて4月公演は延期になりました…

今は待とう!虎視眈々と!
そしてまた逢う日まで✩.*˚

B0DC5FA3-729A-4161-850F-0AEB4820DAF0.jpg
posted by kouzou at 18:59| 演劇プロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月28日

春めく空と銀の鬼

久しぶりに投稿します💦


最近、コロナウイルスで軒並みイベントや公演の自粛が呼びかけている中ですが、我々は前向きに稽古を続けております。

新作「春めく空と銀の鬼」

村に住む娘「小夜」(さよ)が、山に住まう1人の銀髪の鬼と出逢う、ラブandコメディな作品。

ローグらしい、笑いに走ったはじけっぷりと心温まるハートフルなテイストが混じった内容になってます。

全員和装で、特に私は普段着てない着物に四苦八苦してたら、みんなで着替えを手伝ってもらって何か王様気分でした(笑)

いや、ちゃんと自主練しよう💦💦


4月25日に広島市内のケアセンターで上演予定ですが、この自粛ムードが続けば断念せざる得ないのかな、とも思っています。


ただ同時に、こんな時だからこそ私たちの演劇を通じて元気をお届けできれば、、と思う所もあり、何らかの形で上演を!と一同心をひとつにして本作の完成に向けて稽古に取り組んでいます。


稽古場の換気をする事や稽古回数を必要最低限にする、体調不良者は参加させないよう促すなど、出来うる限りの自衛はしつつやる事やる感じです。逆に言うとそれくらいの事しか出来ないです。


寒い冬が終わり、暖かい春を迎えようとしている季節で、皆さんの顔が心が曇るばかりのこんなご時世。


何か楽しい事したいし、発信したい。
今やる理由ってそれで十分じゃないですかね。


前向きに元気よくやっていきたいと思っています!!新作上演を信じたいです✩.*˚

D6585D21-E20F-42A2-BC27-6C4A6E418E4C.jpg2735F1AB-DB12-4AC3-9A39-27F276ABEBFD.jpg4088F6B1-BF9C-4BF5-B79B-6EACACD1D347.jpg70FF2803-4277-4ED0-892F-655FC1EAC967.jpg


posted by kouzou at 11:10| 演劇プロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月28日

デイケア大忘年会

遅ればせながら、2019年最後まで客演やってきました!

広島市内で活動されている、劇団小豆組さんの紹介でデイケアさんの大忘年会で上演する水戸黄門のパロディ作品に客演で参加させて頂きました✩.*˚

劇団小豆組さんは殺陣芝居と言えば小豆組!(こまめです!あずきじゃないよ!)と言わしめる広島の老舗劇団の一つ。ローグもかなーりお世話になっておりまして、殺陣指導、音響スタッフ、舞監などなど、うちの公演をかなりサポートして下さった御恩のある団体です。

自団体の本公演のみならず、学校での寸劇披露、忍者ワークショップ、絵本リーディングなど、精力的に行っています。

デイケアの大忘年会って事でお集まりなったのは、なんと御年寄り約200名!会場も披露宴会場みたいな所で、客席にズラリと並ぶ丸テーブル。豪華なお食事の後で、ゆるりと我々の芝居をご覧頂くという流れ。

あっしは、風車の弥七役でちょっとだけ参加✩.*˚
久しぶりにお年寄りの前で舞台に立てて楽しくやれました!

公演後にはテーブルごとの写真撮影。
お年寄り方の元気なお姿、笑って下さる顔が何より嬉しかった!


また今まで何となく〜知っていた、舞台で拝見した事のある共演陣とも初めて関わる事ができました!またご縁があるといいなあ〜(*´ω`*)


良い刺激を受けました!!
ローグも老人ホームやデイケアなどの演劇公演をやってます!

いよいよ新作も出来つつありますので、こうご期待✩.*˚

CFA971FD-6597-42A5-B218-18BE799F17C9.jpg

89578FD5-A8B3-4ED9-90AB-4453F7A99E10.jpg

posted by kouzou at 06:19| 客演情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月19日

終幕!舞台「オーバチュア」

主宰、坂田が客演させて頂きました、山口県の演劇ユニット「Unaduki Colony」主催、舞台「オーバチュア」が無事終わりました!

84B4E19D-DE62-4E30-A68D-9BADD7788492.jpg

山口と広島の役者がコラボし、またフルートと尺八の演奏者お二人を招いて音楽と演劇がコラボする挑戦的な試み。

登場人物は新聞記者のセオ、コハクサーカス一座のスターである空中ブランコ乗りのイチジョウ、猛獣使いのトモエの3人。

物語は、セオが書いた記事に関して上司に説教垂れられる所からスタート。熱意があるものの記者として伝えたい事が紙面に載せられないジレンマを抱え、モヤモヤする日々。

そんな折、同僚から息抜きにと1枚のチケットを受け取る。サーカスのチケットを。
これがセオとサーカスの2人と出逢いをもたらすきっかけとなる。

ブランコ乗りのイチジョウはコハクサーカスのスターとして人気があった。だが、演技中の自己で落下、骨折だけで済んだが、気持ちには癒える事のない傷を負ってしまう。

猛獣使いのトモエは、相棒だった虎のアンバールを失う。最も信頼していた友の死から、なかなか立ち直れずにいた。

セオは取材を通じて、華やかな舞台の裏側にある一人の人間である姿を目の当たりにしていった。

イチジョウはスターであり続ける苦悩、事故の恐怖から大技へのチャレンジを敢えてせずに無難な技でやり過ごす事への葛藤。
トモエは相棒の死を言い訳に、新たな相棒である二匹のクマを迎えても、自身には何も出来ない、何もないと呟く。

お互いやり場のない憤りや悔しさ、哀しさ、心細さが溢れ、ぶつかり合いになる。

「昔の栄光を振りかざして干からびていくばかりですね。」
「トラが死んだせいにすんなよ!」

そんな二人を見つめるセオ。

やがてセオは2人の再帰を願い、記者としてそれを後押ししたいと奮起した。

しかし、セオはまたもや辛辣な上司の言葉を浴びる事になる。議員のスキャンダルを取り上げる為、サーカスの特集は後回しだと告げられる。憤慨し、必死の説得をするも、舞い込んだ特ダネこそが社会が必要な情報であり、芸術や文化は二の次、曲芸やファンファーレが何の役に立つとけんもほろろに突っぱねられる。

物語の終盤。トモエの復活ショーが、イチジョウの三回転宙返りが書かれた号外が舞う。同僚の記者による活版印刷所の手作り新聞によるものだった。思わぬ形だがセオの思いはイチジョウやトモエに、届いた。

オーバチュア、演奏の序曲とタイトルがあるように、3人それぞれの新たな1歩を踏み出した序曲が奏でられ、サーカスの幕が今宵も上がる。


いやあ短いながら色んな事が詰まった作品です。

テレビなんかもそうですが、本当に大事な事よりも流行りや瞬間的な盛り上がりに目が行きがちなメディアのあり方についても思う事が書かれてたと思うし、芸術文化の必要性や在り方についてもそこはかとなく訴求された作品でもありました。


また華やかな舞台の影にある人間の姿。
スーパーマンじゃない、一人の人として、悩むし、傷つくし、葛藤もする。一個人を神格化する事への警鐘とも見ようによってはとらえる事も。
表現者としての理想と現実みたいなのも描かれていて、最後には希望が垣間見える。暖かい話です。

人間として、本気で葛藤し、もがくイチジョウを表現する事に今回は役を頂きながら1番意識して取り組みました。

アンケートや個人的にお返事頂いた時にそれが確かに伝わったようで、安堵と歓喜でいっぱいになりました🌟

私自身も演劇ってなんて非効率的な営みなんだろうって時々考えます。

でも理屈じゃ推し量れない、力があります。
勇気を与えてくれたり、一考させられたり、愛に溢れていたり…

効率的で便利なものが全てじゃない。
だからこそ演劇が音楽が今尚廃れない理由なんだと私は思います。

また、演劇の方が音楽に、音楽の方が演劇に、相互に作用し合い、客層もそうなっていたので、このセッションは意義ある事だと思いますし、携われて感謝でした!

まあ、色々と理屈並べましたが、

鳴り響く拍手と歓声、そうこれが…これが好きだったんだ!

劇中のイチジョウのラストのセリフ。
カーテンコールの拍手で久々に涙出そうになりました(๑ ᵒ̴̶̷̥́ ^ ᵒ̴̶̷̣̥̀ ๑)

こういうのがあるから続ける事ができる。
やめられない(笑)

広島にわざわざ山口からやってきて、何処の馬の骨とも知らぬ奴らと組んで一旗あげようって凄いモチベーションですよね!しかも生演奏とのコラボ!感心させられましたね✩.*˚


また新しい形や可能性が提示出来たんじゃないですかね。色んな拡がりがもっと出来て、広島、山口の演劇が活性化されたらと思います。


この非効率的な熱苦しい営みが、少なからず誰かの心に寄り添っていくものと信じていきたいです。

94218542-633D-4969-833A-02A91E6D17B5.jpg
posted by kouzou at 07:59| その他(お知らせ等) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする